HOKKAIDO CITY HACK PROJECT

地域のエンジニアが、地域の課題を解決

HOKKAIDO CITY HACK PROJECT では、都心部と地方の技術格差や地方での技術活用が行き届いていないという社会課題と、技術力を持っていてもその技術を活かした実用可能なプロダクトを作る経験を得ることが難しいというITエンジニアを目指す地方の学生が抱える課題をつなげることで、双方の抱える課題の解決と技術活用の促進を目指しています。

プロジェクトを通して、「技術を使うための第1歩」として技術を持っているが何を作ればいいか、どうやったら良いアイデアを持つプロダクトが開発できるかがわからない、どうやったらプロダクトを作ることができるか悩んでいる学生を募り、手を動かしながら頭を使い札幌市が今抱えている課題を解決するプロダクトをつくりあげるハッカソンです。